週末模様




朝刊の4コマ漫画のオチがわからずすっきりしない日曜の朝(昨日もわからなかったのよ#)。今週は月曜日から金曜日までいつになくアクティブだった反動からか昨日今日は家でのんびり・・・と思っていたのに今晩の夕飯を準備していたら足りない材料があり、夜空に冷たく光る下弦の月を眺めながら近所のスーパーへ歩く。ああ、寒かった。
この前コドモが地道に貯めたおこづかいをはたいてWiiのゲームソフトを買い、暇さえあれば熱中しているのだが、そこにときどき『ピクミン』が出てきて一頃流行った懐かしいテーマソングが流れることがある。せっせとがんばっても食べられちゃうピクミン、報われない・・・。
どうかどうかwerderのがんばりは報われて明日は最高の朝を迎えられますように!clap & send message

プチホラー

デジタルカメラの画像をPCに送ろうと、接続ケーブルがいつも置いてある場所を探したんだけど、ない。物と物の間や隠れて見えないところまで探したけれど、ない…。記憶を手繰れば、今年に入って使ってないことだけは思い出せたものの、最後に使った後も特別よそに持っていった覚えはないし途方に暮れる。今日こそ探し出そうと別に置くとしたらここか…と思われる近辺を探ってみたがやはりない。もう八方塞で、あれだけ丹念に探したんだからあるはずもないと思いつつ定位置を探してみたら…いつものように、あたりまえのように、そこにあった。ちょっと背筋がゾクリ。clap & send message
おうちとガラス壜

チェックしてない日に限って

チェックした日は悉く外れ、チェックしていない日に限って大好きなゲストだったりする番組がある。しばらく前になるが先月21日、運良く新聞のテレビ番組表に"小林薫"氏の名を発見し準備万端。前回見逃して歯軋りしたのは4年前の同じ日だったらしい。古いものがお好きとは存じていたが、200年前の3本脚の椅子がのっけに紹介されていた。あのへんのショップあたりだろうか・・・などと勝手に推察して楽しむ。
古いもの、アンティークに対する小林氏の思いと進行役のそれがなんとまあ噛み合わないこと(そーいうアンティークを求めてるんじゃないのになぁ…)。薫サマ、いい意味で枯れてますます素敵になっていらっしゃる。そのときにネットオークションで落札されたという古いシューズなど紹介していらしたが、今日私も古着のいい感じで着古されたデニムジャケットとzuccaのカットソーをゲット。新しいもので溢れてるショップでは見つけられない味があって嬉しい。いいこと少ないからなぁ、トホホ...(ああ、werder…)clap & send message

師走に寄せて

もうずいぶん前の12月のこと、ベランダに数センチの雪が積もった凍てつく朝、その雪の中ほどに突如小鳥の可愛らしい足跡が出現し、出したままになっていたサンダル(爪先まで覆われているタイプ)へと曲線を描いて続いていた。小鳥はもういなかったけれど、しばし雨宿りならぬ"雪宿り"をしていったのだろうか。雪の上に残された微笑ましい置き土産に胸の中が暖かくなったのを覚えている。
昨晩は寒くて何度か目が覚めた。天気予報で最高気温の数値にマイナスがついているのを見ると朝から気が重くなる。が、コドモは元気に登校してゆく。
夕暮れ前、アスファルトの窪みにできた氷は見事にガッチガチで、それを踏みしめると一層寒さが募る。寒がったり、より一層Werder Bremenにウツツを抜かし(1日も早くDaniel Jensenと契約延長してください〜)ながらも年賀状は後回しにしたり、そんなことをしている間にも師走は駆け抜けてゆく。clap & send message

KGBといえば

22日の新聞で気になったロシアの元スパイ毒殺未遂事件。結局"未遂"ではなくなってしまい、被害者であるリトビンネンコ氏の体内からはポロニウムが検出されたとか。その致死量たるや1億分の1グラム...
この事件はもとより、プーチン氏がロシアのトップになってから見聞きする機会が増殖したのが"KGB"(ソ連国家保安委員会)。
KGBというものの存在を知ったのは『エロイカより愛をこめて』だったっけ(なのでついつい"カー・ゲー・べー"と発音したくなる。エーベルバッハ少佐が強制的に休暇取らされる話、もう一度読みたいな...)。
それにしてもロシア情報機関への数々の疑惑、知れば知るほどおそるべし。