「謎ときガルシア=マルケス」を読む前に映画「エレンディラ」

ガルシア=マルケスが亡くなってもう4ヶ月も経ってしまったのか。
図書館に予約を入れていた「謎ときガルシア=マルケス」がようやく手元に。

高校の日本史の授業で、銀縁のメガネをかけ無精髭を生やして、よれっとしたスーツがトレードマークだった教師が、おもむろに映画「エレンディラ(ERENDIRA)」の話をはじめたときのことは今でもよく覚えている。

それは、自らの過失で祖母の持っているすべてを燃やしてしまった少女エレンディラの物語。燃えてしまった財産を贖わせるため孫娘の身体を売って砂漠を旅する祖母。やがてエレンディラは恋に落ちて、その恋人の手にかかって祖母は緑の血を流して死に、エレンディラはどこかへ走り去る…。

語るに連れて感情をどんどん昂らせてゆく教師に最初は引いていたが、語られた幻想的なイメージの断片〜宙を泳ぐ魚、緑の血、そしてラストシーンの描写〜が一体となって、原作者であるガルシア=マルケスの名が深く刻み込まれた。

すぐに原作の短篇も読んだし、その他の短篇や『百年の孤独』も読み漁り、映画「エレンディラ」もビデオを借りてきて観た。OPの少し悲しげで物憂い感じの音楽がまず好みだった。アマディスという姓が刻まれた寂しい二つの墓が映し出され、エレンディラのモノローグで物語は開始される。

 "祖母が入浴してたとき ・・・ 不運の風が吹き始めた"

不運の風は睡魔に襲われたエレンディラの隙をつくようにろうそくを倒し、祖母の屋敷も財産もなにもかもを燃やしてしまう。 映画の原作は「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」という短篇に、「愛の彼方の変わることなき死」という短篇が巧みに組み合わされていて、その部分がなぜだか特に印象に残っている。

エレンディラは祖母の言いつけで町の有力者のもとへ着飾って出かける。屋敷の外のベンチに坐って待っていると、蝶の形をした紙がひらひらと宙を舞っているのを見つける。エレンディアが追っていくとそれは壁に止まる。紙だったものはリアルな蝶の姿になり壁に同化してもともとそこにあったかのように壁に描かれた蝶になる。

待っていた町の有力者が現れ、エレンディラが彼と屋敷の中に入ると、扇風機の風に煽られて数多の紙幣が部屋の中を舞っている。。。東京事変の『今夜はから騒ぎ』のPVを観たとき、すぐにこのシーンが思い浮かんだ。この曲とPVはとても好きでよく観るのだが、終盤の、宙を乱れ舞う紙幣に向かって両腕を掲げ、墨染めの袖をなびかせて微笑む浮雲氏のショットと、その後の演奏シーンでの氏の横顔と喉ボトケにいつも見惚れる。

エレンディラに恋をするウリセスの、繊細で儚くて、エレンディラの祖母に"天使"のようだと形容される美しさ、祖母の「オルフェウスの窓」のラスプーチン並みに強靭な生命力(=毒が効かないこと)と刃物を刺されたときに流れる緑の血。。。ガルシア=マルケスその人が脚色しているだけに、原作に忠実に表現され、そのラテンアメリカ✕超現実的世界観は映像と音による刺激によってより一層高められている。

"彼女の不運の元になった『風』"や"土煙の向こうに現れた、行く手を阻む十字架を掲げた伝道師の一行"、"密輸商人が運ぶダイヤモンド入りのオレンジ"... 随所に現れるモティーフは詩的で童話的である。ときに猥雑でときに静謐。美しく幻想的なシーンと台詞が散りばめられ、映像はどの場面も絵になって、音楽もすばらしい。

映画のラスト、エレンディラの祖母をその手にかけ、精も根も尽き果てているウリセスを置き去りにして、エレンディラは祖母の黄金のチョッキを掴んで、砂丘を走り去ってゆく。

始まりがそうであったように、彼女のモノローグが物語を締めくくる。


            "私は鹿よりも速く風に向かって走った
             誰の声も私を止めなかった
             私の不運の行方を知るものはいない"


モノローグが終わる頃には、エレンディラの後ろ姿も砂丘の向こうに消え失せて、砂の上に足跡だけが残される。

"最後、エレンディラの足跡が血のように真赤に染まるんですよ”

ラストシーンについて熱く語った日本史の教師の口調が今も鮮明に蘇る。やがて画面全体が赤く染まって血の色だった足跡は黒い影になり、残像を刻印する。

 #Garcia Marquez #erendira #bookweb clap!

It comments.