Deutschland - Ein Sommermarchen 到着 !!

Deutschland - Ein Sommermärchen
最近、Werder は調子悪いわ、コドモは腸炎にかかるわいいことなし。しかし、幸運は宅配ボックスの中で待っていた。
注文するなら一緒にお願い〜と妹に頼んでいた2006W杯ドイツ代表映画のDVD!!
(何時の間に送ってくれたのか。どうもありがとう〜っ)
今はコドモの介抱と後始末でボロボロなので、もちっと元気になったらじっくり観よう…と言いつつ我慢できずに"EXTRAS"ディスクの方をちょっとだけ観てしまったのだけど、

いいっ!!

人生悪いことばっかじゃありません。
PCのモニターではなくテレビで観たいので、PAL方式が見られるプレーヤーを買わなきゃ。clap & send message

Danke,danke,danke.......

Weltmeisterschaft 2006. Alle Spiele - Alle Tore
興奮と幸福感と絶望と・・・さまざまな思いが交錯したW杯ドイツ大会も幕を閉じた。後味の悪さだけが残った決勝を顧みれば、チーム7戦目となる3位決定戦を沸かせて有終の美を飾ったドイツは本当に気持ちよくて、ワタシ的には"最後にはドイツが勝つ"な大会だった。
W杯関連の番組で念願のボーリングパフォーマンスも見られたし、ドイツ代表チームに関わった全ての人たちに感謝の気持ちでいっぱい。

イタリアは個々の選手の能力が非常に高かった。
相手の攻撃を全身で撥ね返したカンナバーロ主将と、緩急自在かつ精度の高いFKをはじめ攻守に際立っていたピルロは悔しいくらい凄かった。彼らが惜しくもMVPを逃したのは残念に思う。そんな彼らを擁していながら、勝つためには手段を選ばないサッカーで優勝したイタリアという国に嫌悪感だけが残った。

これぞ守護神!

W杯も2試合目に突入。ドイツチームにバラックが登場!
非常に見応えのある試合で、ドイツを応援していたはずがポーランドの死力を尽くすプレーに魅せられる。
もう0−0でいいかなと思っていた後半ロスタイム、ヌヴィルが飛び込んだ。
ドイツの猛攻を何度も凌いだポーランドのGKボルツは本当に凄かった!!まさに守護神。(ポジショニングが悪いせいで防げて当たり前なプレーを賞讃されてしまうGKもいるけど・・・)エクアドルが2勝したためGL敗退が決定したのは本当に残念。これまで一番胸に残る試合だった。

得点シーンに観る監督の挙動

オレンジ軍団オランダはスピードに乗ったロッベンのシュートで先制、それを守りきった。この試合で一番印象的だったのがゴールが決まったときのファンバステン監督のじっくり噛みしめるような、まあ当然でしょといったように見えなくもない大人な喜び方。対していちいちオーバーアクションな某開催国監督と非常に対照的で面白いのであった。
ポルトガルも順当勝ち。フィーゴ、ナイス!

待ちに待った開幕

遂にWorld Cupドイツ大会開幕。
思えばアメリカ大会までは余計な雑音もなく世界の美技を楽しめてよかったなぁ・・・などと昔を振り返りつつドイツらしい"メルヒェン"な雰囲気がすてきな開会式を楽しむ。ああ、始まったんだーとしみじみ感慨に浸るまもなくドイツチームの開幕戦。
どこぞとの親善試合で引き分けたため、同格(下手すると格下)みたいな扱いをされて悔しかった。本番では"らしさ"を見せてくれるはず!と緊張しながらテレビの前に陣取る。
ちょっと小柄なラームの目の覚めるような先制弾!コスタリカの数えるほどのチャンスに2度も得点を許してしまったところは不甲斐ないが、点を取られたらまた取ればいいという攻撃サッカーも結果勝てれば面白い。2得点のクローゼ、今回も期待できそう。フリンクスの豪快なミドルシュートも素晴らしかった。なんにせよドイツの好スタートで幸先の良い2006World Cupなのであった。

・・・4年前の日韓大会で、札幌ドームにイタリア・エクアドル戦を家族揃って見に行ったのだが、"雨に降られながらの入場待ち&帰りのタクシーで父がカメラを忘れた"ことしか記憶にないコドモ、哀しすぎる。