"困ったときには、この手の形"

ドイツ優勝で幕を閉じたW杯からもう2週間近く経つ。
ときどき録画していた試合を見て過ごしているが、ニコ・コヴァチ監督が胸に手を当てて国歌を歌っているシーンを見たとき、かなり昔に「美の巨人たち」で放送されたエル・グレコ『聖衣剥奪』の回を思い出した。

放送が開始された当初の、この番組のクオリティーの高さには毎回唸らされた。テーマとなる作品を紹介するための筋立て、要所で流れる選びぬかれた音楽。そしてこれは今も変わらない、小林薫氏の酸いも甘いも噛み分けたナレーション。この『聖衣剥奪』の回も放送開始当初に放送されて、録画をしたのはVHSビデオデッキだった。


- - - - -

愛娘を亡くしたばかりのペドロさんは、2週間前にピレネー山麓の村を出発し聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅に出た。その途上、彼はトレドに向かう。その目でどうしても観たいものがあったのだ。トレドの大聖堂にある『聖衣剥奪』。肉体は失くしてもその魂を地上に留める彼の愛娘は、誰にも見咎められることなく、父のトレド行きに付き添う。

放送はそんな筋立てで、グレコが絵を描いて生きるため数々の辛苦に立ち向かわなければならなかったことと、ローマを去ってトレドに来たいきさつ、トレドを自らの新天地とするために全身全霊を籠めて描いたのが『聖衣剥奪』であったことがナレーションで語られた後、『聖衣剥奪』に描かれた謎が提起される。

"では最後の謎です。キリストの不思議な手の形。苦しみと哀しみに打ちひしがれたとき、生きてゆくために…"

謎を解く鍵は、イエズス会の創始者イグナティウス・デ・ロヨラが著したグレコの愛読書「心霊修養」の中にあると云う。

 "手の指を開き 中指と薬指だけを閉じなさい
  罪が犯されるとき、人生の中で困難に出遭ったとき、
  絶望の淵に立たされたとき
  その手を痛みつづける胸に当てなさい"

そしてナレーションはこう締めくくる。

--- 困ったときには、この手の形。誰かがあなたを救ってくれる ---

トレドの絡み合う路地で迷子になった娘が父を見つけたとき、父は『聖衣剥奪』の絵の前で胸に手を当てて泣いていた。娘はあることに気づく。父はあの手の形ができなかったのだ。娘は云う、「そんなお父さんが好きだった」。念願を果たしたペドロさんは巡礼の旅へと戻り、娘の魂は地上から去る。

『聖衣剥奪』が画面に映し出されるときに流れる「アダージョ ト短調」、他のシーンでは「小フーガト短調」「アルハンブラの想い出」、昔々のTVCM"サントリーRoyal ガウディ篇"のBGM、「カッチーニのアヴェ・マリア」など、音楽も秀逸でテーマを一層ひきたてていた。

このイエス様の手の形、右手ではすぐできるけれど、左手はその瞬間に構えてしまうと少しプルプルしてしまう。国歌を歌うわけではない私は胸に当てる手をこの形にして、コヴァチ監督の胸の痛みが少しでもやわらぐよう、クロアチアの誇りのために闘い続ける指揮官に幸運が訪れるよう、祈りを捧げる。

「テレピン油のある静物」

今月半ば、近代美術館で開催されていた『佐伯祐三展』の最終日に駆け込んだ。

早めに出かけたつもりだったが、日曜日ということもあり既にかなりの盛況ぶりだった。こんなことなら平日にゆっくり観るべきだったと悔やんでも後の祭り。

スピーディーで情熱が迸る筆致、描き込まれた建物のマチエール、独特にデフォルメされた広告の文字。

氏の作品と間近に向き合いながら、最期のときを精神病院で迎えた佐伯祐三の一生を思うとき、氏が身を削って描いた作品への情熱がより一層胸に迫って感じられる。

風景画が圧倒的に多く展示された作品群の中に、静物画が何点か飾られていた。
遠い国の古い硝子壜、それも中身を説明するアルファベットの文字やロゴの入った色あせたラベルが貼られていたりするものに滅法弱いワタシは、テレピン油の壜が描かれた作品に特に魅せられた。

その質感、静かな佇まい。。。
あまり人が群がっていなかったのを幸いに、何度もこの作品の前に陣取って、脳裏に刻んだ。


「テレピン油のある静物」



web clap!

ブーツが列成す風景

薮の中に潜む謎もあれば、解ける謎もある。

ブルックリン美術館でロマノフ王朝の栄華に浸った(11/06の記事参照)同じ年、サンフランシスコ(SF)を訪れた。満1歳になったコドモを抱え、慣れない海外暮らしが始まり悶々としてひと月がたった頃、オットの出張で同行した4月のSFは明るい陽光に満ちていて、東と西の違い(こんなふうに書くと壁があった頃のドイツみたい)に驚いたものだ。

そのとき真っ先に行ったのがダウンタウンにあるSFMOMA。近代美術には目がないはずなのに、常設展で何を観たのかほとんど覚えていない。きっとその後に観た写真にかなり夢中になったからだと思う。まるでたくさんの透明人間が黒いブーツだけを履いてずらりと整列しているような写真たち・・・なんとなく根室記念館な感じのそのシュールさに瞠目した。誰の作品なのかチェックもせずに(後ですぐわかると思っていた…)夢中で鑑賞し、展示室を出た後でパンフレットやカタログを探したけれど見つけられなかった。以来このとき観た写真たちは謎になった。

これまで思い出すたびにwebであれこれ検索をかけてみたけれども探し当てることができなかったのだが…先日SFMOMAのサイトで検索の仕方をちょっと変えてみたら見事に引っかかって来た!!(一体今までどういう検索をして来たのか…)
謎が解けてすっきり。そしてまた巡り会えてとてもうれしい。

100 Boots: By Eleanor Antin ; Introduction by Henry Sayre


web clap!

真相は薮の中

10月末のある日買ってみた「ロールちゃんマロン味」の美味さに痺れ、11月1日再び買いに行くが見当たらず。そういえば期間限定ものだったけどまさか・・・調べてみたら”10月31日”までだった(涙)。バニラもチョコもおいしいんだけどでも…
さてここから本題である。

 
The Romanov family, 1905
(c) Library of Congress
Prints and Photographs Division



2週間くらい前だったか、TVのチャンネルを替えていたらニコライ二世一家に関する番組が放送されていた(数ヶ月前に放送された番組の再放送だったらしい)。『オルフェウスの窓』の中でレオニード・ユスーポフ候が氷のような冷徹さの奥で内面に滾る情熱のすべてを傾けて仕え守ろうとしたロシア帝国とその皇帝ニコライ二世。
放送の内容はというと、十数年前に皇帝一家のものと鑑定されることになる遺骨が発見され埋葬されたのだが全員分の遺骨を発見できた訳ではなかった。しかし昨年新たに足りなかった二人の遺骨が発見され、今年に入ってDNA鑑定の結果皇太子アレクセイと皇女マリアであることが判明する。虐殺が執行された建物があった場所には「血の上の教会」が建てられ、過去の愚行を悔い皇帝一家の死を悼みその魂の平穏を祈る人々が訪れ後を絶たない…というものだった。

番組を見終わった後に感じた釈然としない思いは何だろう。途中、北里大学教授がニコライ二世のDNA鑑定に対して異議ありと論じておられる映像を流しておきながら、番組としては全員処刑されていたということで終っているし。実際先に発見された遺骸の鑑定結果に異を唱える専門家も少なからずいたそうだし、自分は皇女アナスタシアであると名乗り出て、世界を騒がせ皇帝の親族を真贋二派に分断した"アンナ・アンダーソン"(この名は渡米した際マスコミに執拗に追われ、身を隠すため潜伏したホテルで名乗った偽名だという)のDNA鑑定にしても疑惑がないわけではなさそうだし。ニコライ二世一家の遺骨が全て発見され大団円を迎えたかったロシア政府の思惑も見え隠れして、結局20世紀最大の謎の真相は"薮の中"なのではあるまいか。

もう10年前のことになるが、折よくNY郊外に住んでいた頃にブルックリン美術館で開催されたロマノフ家の宝ものをテーマにしたエキシビション "Jewels of the Romanovs: Treasures of the Russian Imperial Court. [03/20/1998 - 07/05/1998] " を観に行ったことがあった。

テーマがテーマだけに、通常のアートを愛でるエキシビションとは違う、静かではあるけれどどこか異質な熱気に満ちていた。ケースの中きらびやかな宝石を散りばめた王冠など、ロマノフ王朝の栄華を偲ばせる宝の数々が展示され、その前には多くの人々が群がっていた。一番の目的は豪華な宝石よりも何よりも皇帝その人を偲ばせる何かだったので、興味惹かれたのは皇帝と皇后の礼服を纏った二体のトルソーが展示された一角だった。そこは訪れた大半の人々の熱気の対象ではなかったのか、誰にも遮られることなく心ゆくまで眺めることができた。つつましやかに佇んでいる、かつて皇帝と皇后がその身を通した衣装からは、二人が思いのほか小柄だったことが窺えた。何を観てもその向こう側に見えるのは皇帝一家の悲劇と皇女アナスタシアの謎だった。煌めく宝石はそれゆえ一層輝いて見えた。
web clap!

気がつけば最終日

ということが非常に多い展覧会。
三岸好太郎美術館で現在開催中の特別展「鳥海青児と三岸好太郎」も明日まで…

この美術館は元々とても好きなところで、近代美術館の通りを隔てたすぐ隣りに広がる知事公館の敷地の片隅にぽつりと佇んでいる。三岸好太郎が設計した自身のアトリエのイメージが取り込まれたモダンな造りで、とても穏やかな時間が流れていて、訪れるといつも2階の奥の展示室の長椅子に腰掛けて三岸好太郎の作品を眺めながらのんびりしてしまう。

出版物でしか拝んだことはないのだけれど、以前から鳥海青児のマチエールには惹かれるものがあったのでぜひ直接観たい。明日は出かけてみようと思う。

 
「鳥海青児と三岸好太郎」展パンフレット



今夜の「美の巨人たち」はフェルメールの"小路"。好きな作品なので楽しみ。
web clapです。クリックしていただけると嬉しいです
 

装幀で楽しむド・スタール

狼たちの月


ニコラ・ド・スタールに惹かれるのは、もちろんその作品によるところが大きいが、サンクト・ペテルブルグの貴族の家に生まれ("スタール"と検索したとき多く現れるスタール夫人は彼のご先祖らしい)、ロシア革命により亡命貴族となったその生い立ちなどもこの時代のロシア好きには堪らない(ロシアといえば、俳優田村3兄弟のお父上"バンツマ"こと阪東妻三郎氏にはロシアの血が混ざっているという噂があったとか...)。

ゴッホとか(昨晩の「美の巨人たち」の"古靴"は凄かった...)ピカソとかメジャーどころの作品は日本でもたくさんカタログが出版されているし手軽に買えるけれど、ド・スタールと来るとそうはいかないところが難である。
最初に手に入れたド・スタールは福永武彦「海市」の文庫本の表紙だったろうか。福永氏が自らの作品のカヴァーにド・スタールを持ってきたのはやはり思い入れがあったからだろうと思うのは『藝術の慰め』という著書でその筆頭にド・スタールを取り上げているところからも窺える。本書は昭和40年に出版されたもので、著者ご自身が装幀を手がけておられ、濃いオレンジの函の顔となる部分に取り上げた芸術家たちのサインが並べられていたりして全体に大変粋な作りになっている(哀しいかな私の所有してるものはよりによってド・スタールのサインのところが少し破損している...)。

最近webで偶然目にしてハッとしたのが「狼たちの月」のカヴァー。惜しみない光を湛えたそのグレイ、そのマチエール…。
図録で調べたところ、1952年の『Paysage』という作品と思われる。ヴィレッジブックス、これからも期待してます...
フランスのぺーパーバックにもド・スタールを楽しめるものがあるようで、放りっ放しのフランス語の勉強復活のためにも増やして行こうかしらなどと思案中。


「藝術の慰め」函・中味、「海市」、フランスのペーパーバック



clap & send message

ピアノレッスン

ピアノの稽古


マティスの作品の中で、切り絵シリーズも大好きだけれど、同じくらいに好きなのが『ピアノの稽古』(NYのグッゲンハイムでコドモ抱っこしながら何度も現物を拝んだ日が夢のよう…)。昨晩録画しておいた美術番組でこの作品に描かれていた部屋が登場し感動。ルオーとマティスの温かく密度の深い親交の様子がテーマで、ルオーもこれまた堪らず好きな私には美味しい番組だった(女性司会者を何とかしてくれたらもっといいんだけど)。また海外でゆったりと良い絵が観たい。

土曜はwerderが某青相手に大勝(相手チームの監督は解任らしい)。日曜はBVBが某赤と対決ってことで、この第28節はBVBファンの妹と交換ライバル倒しができるかも〜な因縁のカードだったわけだが、uefa杯どこぞのスペイン?のチームが敵を勢いづかせてくれたおかげで残念な結果に。DFB杯ファイナルでは、ぜひ雪辱を晴らしていただきたい。clap & send message

「パリところどころ」のポスター

Pooka vol.14 2006Pookaという雑誌は新しい号が出るといつもチェックしてしまう。今回は鈴木義治氏や花森安治氏の特集もありかなりの充実ぶり。コラムに登場したジャン=ミシェル・フォロンについての記述で気になった映画「パリところどころ」のポスター。見たことがなかったので気になっていたのだが、先日某通販カタログの背景にそれとな〜く写っているのを見つけて即切り抜く。猫とエッフェル塔。なんて洒落ているのでしょう...

岡村桂三郎−お能と日本画と絵本

今朝美術番組で『岡村桂三郎展〜挿絵「海女の珠とり」と大作で綴る岡村桂三郎の世界』という展覧会が紹介されていた。「海女の珠とり」とは、お能「海士」を観世流の能楽師が子ども向けに書き下ろした絵本で2002年に発行されたものだそう。日本画特有の色合いと、絵具を削って創り出された簡潔な造形。原画を拝める方が羨ましい・・・。そんな同展は佐藤美術館にて2月26日まで開催中。
お能については詳しくないけれど装束や面はもとよりすべてに惹きつけられるので、も少し深く勉強してみたい。
海女の珠とり―海士 お能の絵本シリーズ(第1巻)